頻尿と膀胱の関係について

男性に少なからずある悩みの頻尿、原因は2つあります。過活動膀胱と、前立腺肥大です。過活動膀胱とは、トイレが近い、夜中に何度もトイレに行きたくなる、トイレまで我慢できずに漏らしてしまうなどの症状のことをいいます。

膀胱の排尿菌そのものを自力で調節することはできません。したがって過活動膀胱では、ぎゅっと、収縮した排泄筋をリラックスさせることが重要なのです。

前立腺は男性特有の臓器で膀胱の下で尿道をぐるりと囲むように存在しています。この前立腺が肥大する、あるいは前立腺の筋肉が過剰に収縮することで尿が出にくくなり、細菌によって炎症反応をおこし頻尿となるのです。

また歳を重ねるにつれてホルモンの調節もしにくくなるからとも言われています。自宅でできる頻尿対策としては、なるべく水分を多く飲みすぎないようにする、ビールなどのアルコールやお茶や、カフェインなど利尿作用のある飲料の摂取を抑えるようにしましょう。

また、頻尿は病気などの可能性もあるため、ひどい時は病院に行きましょう。

 

抗コリン薬で頻尿を治療する

抗コリン薬とは、アセチルコリン受容体とアセチルコリンが結合して副交感神経の作用を抑制する薬剤です。これにより、泌尿器の症状である頻尿を治療する事が出来ます。

膀胱を収縮させる副交感神経の働きを抑制して、頻尿や夜尿症等の膀胱に関する諸症状を緩和してきます。抗コリン薬はムスカリン受容体遮断薬の総称で、副交感神経と拮抗して交感神経刺激薬と同じように副交感神経刺激の反対の作用をします。

交感神経興奮は運動の時に等の場合、心臓の鼓動が早くなり消化管の機能が抑制され唾液が粘っこくなります。食事をしている時には、副交感神経は身体を休めているので心臓は鼓動をゆっくりで食事の時には胃や腸等の消化管活動が活発になり唾液は比較的にサラサラになります。

アセチルコリンの作用を交感神経と副交感神経を伝って臓器に出していて、神経には中枢神経がありその中には血管もあります。

この作用を抗コリン薬によって、作用するようにします。日本では抗コリン薬にはアトロピンやスコポラミン等があり、頻尿治療薬にはプロピベリンとオキシブチニンがあります。

 

女性向けのサプリがナチュラルエース

頻尿について悩んでいる女性にお勧めしたいサプリがナチュラエースです。女性向けのイソサミジンサプリで、屋久島原産のボタンボウフウより抽出されたイソサミジンを配合しています。さらにイソサミジンと相性がいいかぼちゃ種子エキスを配合していて、相乗効果で尿漏れトラブルも解消することが出来ます。

その他にもナチュラルエースには抗菌作用があるクランベリー、血の巡りを良くするショウガ、ホルモン分泌に必要不可欠なミネラルの亜鉛、ホルモンバランスを整える効果があるビタミンEを含むアボガドが含まれているので尿トラブル以外にも健康にいいサプリと言えます。

男性向けの頻尿サプリとしてお勧めしたいのがクレアギニンEXでノコギリヤシの効果で前立腺の肥大を抑制する働きが期待できます。

他にも西洋かぼちゃエキス、冬虫夏草、しじみエキスが含まれていて有効成分のイソサミジンとの相乗効果で排尿トラブルの改善を目指せます。サプリメントは気軽に利用できるので尿トラブルで病院に行くことを躊躇している人はまず試してみて下さい。